妊娠初期症状は受精したその日から症状が
出る人もいればまったく出ないという人もいます。

なんだかいつもと体調が違うな、体がだるい日が続くなと
思っていたら妊娠していた、という話をよく聞きます。

 

妊娠するとホルモンのバランスが変わるため、
体に様々な症状がでます。


スポンサードリンク




妊娠初期症状にはどのようなものがあるのかご紹介します。

 

■匂いや味覚の変化

 

匂いに敏感になり、今まで好きだった匂いが
突然嫌いになることがあります。

ご飯の炊ける匂いが嫌いになったり、
今まで食べられなかった辛いものを突然食べたくなったりと、
食べるものもガラリと変わることがあります。

 

この匂いや食べ物がきっかけとなって吐き気を催し、
つわりの症状がでます。

つわりのときは、栄養のことは気にせずに
とにかく食べれるものを食べてください。

 

つわりが終わってから、栄養バランスを考えて
食事をするようにするといいでしょう。

また、つわりの症状がでているときは脱水に注意したいので、
なるべくいつもより水分を多めにとることをオススメします。

 

■吐きつわり

 

常に吐き気があります。

言い方がよくないですが、吐きやすいものを食べると、
体へのダメージが減るので、食べるものを選ぶといいでしょう。

 

水すら受け付けなくなったり、体重がどんどん減ってしまう場合は、
点滴で栄養を入れることができるので、病院に相談しましょう。

 

■食べつわり

 

お腹がすくと吐き気が襲ってくるつわりです。そのため、
お腹が空かないように少しずつ何か食べるといいでしょう。

とくに朝方に空腹になり、気持ち悪くなることが多いので、
枕元に小さく握ったおむすびやクラッカーなどを置いておいて、
起きてすぐ食べるようにしておくとつわりが軽減されることがあります。

 

おにぎりやクラッカーでなくてもいいので、自分の好きなもの、
食べられそうなものを探して、少しずつ食べましょう。

 

■匂いつわり

 

スーパーの揚げ物コーナーの匂いやシャンプーの匂いなど、
今まで意識したことがなかった場所やものの匂いが気になり、
匂いにとても敏感になります。


スポンサードリンク




マスクなどをして匂いをなるべく感じないようにするしか
対策はありませんが、つわり中でも大丈夫な匂いを探して、
身につけておくといいでしょう。

 

■眠りつわり

 

とにかく一日中眠たくなります。

お仕事などしている人はなかなか休むことができませんが、
無理せずに、休めるときにしっかり休みましょう。

 

眠りつわり中は車の運転は危険が伴うので、
なるべく運転しないほうがいいでしょう。

 

■よだれつわり

 

唾液の分泌量が増え、だらだらと出てくるつわりです。

飲み込もうとすると吐き気が襲ってくることがあります。

外出中は中身が見えないようになっているペットボトルなどに
吐き出す方法をとるといいでしょう。

 

■風邪のときのような微熱

 

体が熱い、熱っぽいと感じ、風邪かな?と感じることがあります。

これは妊娠したことによって、高温期が続き、
体温が高いままになるためです。

 

他にも体が重くだるいなど、風邪にに似た症状が出ることがあります。

 

■頭痛・めまい

 

ホルモンの変化で頭痛やめまいが起こることがあります。

妊娠したことによって貧血になり、頭痛が起こることもあります。

 

妊娠中の頭痛は偏頭痛が多いので、痛い部分を冷やしたり、
部屋を暗くして横になると頭痛が治まるといわれています。
妊娠初期症状は大変つらく、苦しいですよね。

 

早く終わってくれれば…となんども思うと重いますが、
必ず終わりはくるので、自分にあった乗り越えられる方法を
見つけてみてください。

 

妊娠初期はとても大切な時期なので、なるべく体を休めるようにして、
無理せず生活してくださいね。