大人の平熱は36度~36.9度くらいですが、
赤ちゃんの平熱は何度か知っていますか?

なんだか機嫌が悪いけど、熱でもあるのかな?
と思っても、いつもの平熱を把握していないと、
熱があるかどうか判断するのが難しくなります。

 


スポンサードリンク




赤ちゃんのいつもの平熱を知っておくことで
今日の体調はどうなのかということや、
発熱しているかがわかるのです。

赤ちゃんの平熱と体温計の使い方などをご紹介します。

 

新生児の平熱

 

赤ちゃんの平熱は37.5度くらいまでと、大人よりも少し高めです。

感染症法では37.5度から発熱、38度から高熱としています。

 

朝・昼・晩では体温がそれぞれ違うので、毎日同じ時間に熱を測ると、
赤ちゃんの正確な平熱を知ることができます。

赤ちゃんはまだ自分で体温調節ができないため、
周りの気温変化や、衣服などの影響を受けやすいです。

 

お天気のいい日のお散歩では、太陽からの直射熱と、
地面からの反射熱で、ベビーカーに乗っているととても暑くなります。

また、抱っこ紐で移動しているときには、
お母さんと密着しているため熱がこもりやすくなっています。

 

そして汗をかいた後に熱が引くと、急激に体温が下がります。

赤ちゃんの体温変化には十分注意して、
こまめに様子をみてあげましょう。

 

新生児のときに熱を出すことはあまりありませんが、
もし出た場合には中耳炎や扁桃炎、尿路感染症、肺炎、
髄膜炎、敗血症などの病気が疑われるため早めに病院を受診しましょう。

 

脇で測る場合

 

脇で計測する体温計の場合は、赤ちゃんを寝かせて、
体温計の先を脇の中心に斜め下から差し込みます。

脇に汗をかいていると正確に測れないので、
ガーゼなどでふき取ってから計測しましょう。

 

体温計が外れないようにしっかり腕を押さえます。

赤ちゃんが嫌がって体温計がはずれるようなら、
横抱っこをした状態で測るといいでしょう。

 

耳・おでこで測る場合

 

耳で計測する体温計の場合は、赤ちゃんを寝かせて、
片手でしっかり赤かちゃんの頭を押さえて固定し、
体温計の先を耳の中へ入れます。

おでこで計測する体温計はおでこに当てます。

 


スポンサードリンク




赤ちゃんが嫌がって体温計がはずれるようなら、
膝に抱っこしたり、横だっこの状態で測るといいでしょう。

脇で測るものより早く測れるものが多いので、
忙しいお母さんには嬉しいですが、
測定数値にばらつきがあるようです。

 

舌で測る場合

 

舌で計測する体温計は新生児にはオススメできません。

口を閉じなければ測れないので赤ちゃんには難しく、
また水銀が口の中に流れてしまっては大変です。

 

脇や耳、おでこで計測する体温計を使いましょう。
赤ちゃんは泣くと体温が上がるので、
機嫌のいいときに測るといいですね。

 

授乳中やミルク中に測るのもいいかもしれません。

 
熱があった場合、いつから発熱したのか、熱以外の症状は
あるかなどをメモ帳に記入してから病院に持っていくと、
お医者さんに赤ちゃんの症状を正確に伝えることができるので、
スムーズに診療できます。

 
発熱時病院に行くときに持っていくといいもの

 

・母子手帳、保険証
・オムツ、おしりふき、ゴミ袋
・ガーゼハンカチ
・羽織れるもの

 
赤ちゃんが熱を出してしまうと、ぐずぐずする時間が
いつもより長くなったりする場合が多いので、
お母さんの疲労もより一層溜まってしまうことになります。

 

疲労が蓄積していくとお母さんの抵抗力が弱って、
赤ちゃんの熱が移り、お母さんも倒れてしまう可能性があり、
そうなってしまうととても大変です。

 

家事などは無理をせず、赤ちゃんがお昼寝してるときは一緒に
お昼寝するなどして、休めるときにはしっかり休んでくださいね。