海外ではわりと一般的に行われている和痛分娩。

日本ではまだ「痛みがあってこその出産」という認識が根強く
「和痛分娩を選びたいけど家族の同意が得られない」
という悩みを聞くことも多いです。

 

今回はそんな和痛分娩のデメリットや費用、
リスクなどについて詳しくご紹介します。


スポンサードリンク




 

■和痛分娩ってどういうこと?無痛分娩とは違うの?

 

医療機関によって同じ方法でも「和痛分娩」と呼ぶところも
あれば「無痛分娩」と呼ぶところもあり、医学的にこのふたつは
明確な違いがあるわけではありません。

どちらも「分娩時の痛みを和らげるお産」と考えていいでしょう。

 

筆者は子供を3人出産していますが、上ふたりは後述の
硬膜外麻酔を使った和痛分娩、末っ子は自然分娩でした。

和痛分娩でもまったく痛みを感じないわけではなく、
陣痛や出産時の痛みは実感できます。

 

もちろん自分でいきんで出産しますし、
自然分娩に近い経膣分娩でのお産を経験しました。

■和痛分娩の方法は?

 

痛みの和らげ方にはさまざまな方法があります。

その中でもよく使われるのが「硬膜外麻酔」という方法です。

陣痛が始まったら背骨の脊髄に近い場所にチューブを入れ、
麻酔を投与します。

 

これは、完全に痛みが無くなるほどの量を投与するのではなく、
あくまで出産間近の一番の痛みを軽くする程度です。

それまでは陣痛の痛みを経験し、子宮口が全開したら
分娩台へと移動しいきみを開始します。

 

意識ははっきりしています。

他にも陣痛のピーク時に「筋肉注射」をして筋肉を和らげる方法や
「麻酔ガス」を吸引する方法、「鎮痛薬」を注射や点滴で投与する
方法などがあります。

 

医療機関によって取り入れている方法が異なるため、
事前に確認しておきましょう。

 

■和痛分娩の費用はどのくらい?

 

和痛分娩に要する費用は、通常の分娩費用に加えて
5~10万円ほどが追加となる場合が多いようです。

病院によっては20万円ほどプラスでかかる場合もあるそうなので、
当日になって慌てないよう事前に問合せしておくのがおすすめです。

 

和痛分娩を希望する場合はまず、自分が通っている病院が
和痛分娩に対応しているか対応していないかを確認するのも大切です。


スポンサードリンク




 

■和痛分娩のデメリットやリスクは?

 

和痛分娩では麻酔で痛みを和らげるため、精神的・
肉体的なストレスが軽減するというメリットがあります。

しかしいくつかのデメリットもあるので、
希望する場合はよく理解しておくことも重要です。

 

デメリット1/陣痛が弱まる傾向がある

 

微弱陣痛になったり、うまくいきめなかったりすると、
陣痛促進剤を使う場合や吸引分娩になる場合もあります。

筆者は第一子がまさにこの状態でした。

出産予定日に計画出産を試みたのですが、陣痛が起こる前に
促進剤を投与し陣痛を待ったものの、なかなか子宮口が全開にならず、
とても長く陣痛が続いた上、吸引分娩となりました…。

デメリット2/麻酔薬や鎮痛剤の副作用

 

麻酔薬や鎮痛剤の副作用がママや赤ちゃんに影響を及ぼす
ことはほとんどありません。

しかし、麻酔薬や鎮痛剤を投与した後に、
体調の変化を感じる人もいるようです。

 

その症状とは頭痛、かゆみ、吐き気、低血圧、発熱、アレルギーなど。

ちなみに筆者の場合は、麻酔後特有のけだるさを除けば、
気になる症状は特に感じませんでした。

 

また、出生直後の赤ちゃんの呼吸が、一時的に弱くなるという症例も
報告されていますが、和痛分娩における麻酔管理は、担当医師に
よってしっかり行われ、経過観察も24時間体勢のことが多いです。

 

気になる症状がある場合は、早めに担当医や
助産師さんに相談するのがおすすめです。

 

デメリット3/保険適用外のため自費となる

 

数万円の追加料金が加算されるため、費用負担が増加します。

 

デメリット4/希望しても行えない場合もある

 

和痛分娩はまだ全ての医療機関で一般的に取り入れている
出産方法ではありません。

そのためもし妊婦さんが希望したとしても、病院で対応できない
ため希望に沿うことができない場合もあります。

 

筆者の場合、三人目がこの状態でしでした。

夫の転勤で違う地域に引越していたのですが、通っていた産院では
「うちは和痛やってないから。2人も産んでるんだから、自然分娩で大丈夫!」
と先生に笑い飛ばされてしまいました。

 

そして自然分娩で出産しましたが、痛みはだいぶ強く、
和痛分娩のありがたさを3人目にしてようやく知ったのでした。
和痛分娩を選ぶことに関しては、周囲の意見もいろいろあるかと思います。

 

でも自分の希望と体調に合わせてきちんと担当の先生と
赤ちゃんの状況や母体の状況を確認・相談しながら、
思い通りの出産方法を選べるといいですね。