日常生活において発熱や頭痛、腹痛などがあった場合、
まず「風邪かな」と思う人が多いのではないでしょうか。

しかしそんな時、妊娠の可能性がある人は要注意。

 

風邪っぽい症状があったとしても、
市販の薬をすぐ飲むのはおすすめできません。


スポンサードリンク




というのも、妊娠初期のつわり症状は、風邪に
よく似た体調の変化を起こすことが多いからです。
 

■頭痛や微熱が続いている…妊娠初期のつわり症状

 

初めての妊娠の場合、自分の体調の変化がつわりに
よるものなのか風邪なのか、なかなか判断がつきにくいものです。

妊娠すると体温を上げる作用のある「プロゲステロン」が
分泌され続けるため、基礎体温の高い状態が続きます。

 

そのため微熱が続く状態になるのです。

ちなみに基礎体温は、排卵日から次の生理予定日までの
2週間が高温期。

 

そして生理が始まる少し前に体温が下がるため、
基礎体温が下がれば妊娠していないことになります。

逆に高温期がそのまま3週間以上続くようならば、
妊娠の可能性が高いということです。

 

■胃がムカムカする、食欲がない…妊娠初期のつわり症状

 

妊娠に気づく前から胃もたれなどの症状を訴える人がいるほど、
つわりの症状として代表的なのが、胃がムカムカするという症状です。

加えて体全体のだるさも出てくるため食欲不振になったり、
ゲップがたくさん出るという人もいます。

 

つわりが始まり食欲が減退すると
「赤ちゃんへの栄養が足りなくなるのでは?」と心配になるかもしれません。

しかし、妊娠初期はプレママの栄養状態がお腹の赤ちゃんに
直接影響するわけではないので、食事が思うように摂れなくても
あまり心配いりません。

 

でも、水分さえ取れないような重症な場合は、脱水症状などが
心配されますので、医療機関を受診しましょう。


スポンサードリンク





 

■つわりの時期に風邪になってしまったらどうする?対処と予防の方法

 

少しでも「ちょっと体の調子が悪いな」と感じたら、
自宅で水分と睡眠をしっかりとり、体力の回復を
心がけることが一番です。

鼻水が出たり、咳、くしゃみ、のどの痛み、発熱、下痢といった風邪の
症状が長引くと、余計体力を消耗してしまうことになるので、
風邪症状が出てきたら、自宅で温かくしてゆっくりと横になる…

 

そんなくつろぎ時間を多めに取るようにしましょう。
また妊娠中、風邪にかからないようにするには、日頃から
どういうことに気を付けておいたらよいでしょうか?

 

予防法を四つご紹介いたします

 

予防法1/水分補給


 

腹痛や下痢が続くと、脱水症状になってしまうので、
のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給するようにしましょう。

 

予防法2/マスク着用、人ごみには行かない


 

のどが乾燥すると免疫力が低下し、ウィルスが繁殖しやすくなります。

乾燥防止のためにもマスクは有効です。

 

様々な 感染のリスクをとらないためにも、どうしてもという用事が
あるとき以外は、人ごみに出かけないことも大切です。

 

予防法3/温度調節に注意


 

暑いときにはエアコンによる冷え過ぎを防止するため、
設定温度を高めにしましょう。

寒いときには、外気に触れると急に冷え込んでしまうので、
靴下や下着を多めに着たり、羽織るものを普段より一枚余分に
準備するなどして温度調節を心掛けましょう。

予防法4/消化のよい食べ物をチョイス


 

毎日の食事も消化によく、のどごしがいいものを選ぶ方が、
胃に負担がかからないのでおすすめです。

体調が悪い時はおかゆやスープ、ヨーグルトなど
お腹にやさしい食べ物で、体力の回復をはかりましょう。

 

■気分が晴れないつわりの時期。どうやって乗り切ればい?

 

妊娠初期のつわりの症状として風邪によく似た症状が出るのは、
ホルモンバランスの乱れによる影響だと言われています。

この時期は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で無事に
成長していく準備を整える大切な時期。

 

ですから、妊婦さん自身もあまり無理をせず、体調の悪い時は
ひたすら休む…

等、体を酷使せず、精神的にもゆったりと生活することが大切です。