月経が始まると約2週間低温期が続きます。

その後高温期になるのですが、低温期から高温期に
切り替わるときに体温が少し下がる日があります。

 

その日が排卵日になります。

月経周期が安定している女性の場合ですと
生理と生理のちょうど間辺りになります。


スポンサードリンク




排卵日になる2~3日前後のときに体調がスゴク悪くなったり
する女性も多いのではないでしょうか!

このような症状が現れる事を「排卵痛」といい個人差があり
腹痛を訴える方もいれば全く何も感じない方もいます。

 

【排卵痛の症状】

 

・下腹部の痛みや不快感、張った感じ
・眠気、めまい、頭痛
・吐き気
・腰痛
・下痢

などの症状がある方が多いです。

胸が張って痛いなどの症状がある方もいます。

【排卵の仕組み】

 

・子宮は排卵が始ると卵子を迎えるために子宮内に
フワフワの絨毯のようなベッドの膜を作り始めます。

妊娠しなかった場合は、この膜が不要になるので
体外へだしてしまいます。

 

この不要になった内膜が生理の経血になります。

※排卵が起こる事によって卵巣から卵子が子宮へ
出て精子と出会って子宮へ着床すれば妊娠します。

 

【排卵痛の原因】

『下腹部の痛みや不快感、張った感じ』

・排卵の時に卵子が子宮へ出て行く現象のときに卵子は
卵巣の壁を突き抜けて行きます。

 

その時に卵巣に少し傷がついてしまい少量の出血を伴う事があり、
この量によって下腹部の痛みや張りが起こります。


スポンサードリンク



『眠気、めまい、頭痛』

・排卵が起こると女性ホルモンのバランスも乱れます。

 

内膜を作るのに黄体ホルモンの分泌が促進されます。

黄体ホルモンには眠気を起こす作用があるため
排卵日近くになると眠くなってしまうのです。

 

・めまいや頭痛については冷えや寝不足なども
関係してくる場合もあり更年期の始まりの場合もあります。

女性ホルモンの一時的な不足で頭痛が起こるのでは
ないかと言われていますが、原因は不明のようです。
めまいが酷い場合、月経前症候群が疑われる事もありますし、
妊娠している可能性もありますので婦人科の受診をお勧めします。
『吐き気』

 

・体がだるくなり食欲不振になる女性も多く吐き気を伴います。

吐き気を伴う女性には軽い出血がある場合が多いそうです。

 

体調の変化でおこってしまうそうです。
『腰痛・下痢』

・酷い女性の中には腰痛で立てなくなってしまう方もいます。

ホルモンの影響で骨盤周りの位置がずれてしまい腰痛が
起こる事があるそうです。

 

出産を経験している女性の方が
腰痛の痛みを訴える方が多いみたいです。

・排卵期の自律神経の乱れで過敏性腸症候群になり
下痢になる女性も多いそうです。

その他には排卵の時の卵巣の壁を傷つけたときの出血が
腸を刺激してしまい便意を感じたりする場合もあるそうです。

参照:正中線いつから出る?

参照:陣痛痛みの例え!いつから始まる?

【排卵痛を和らげるには】

 

・下半身を冷やない方が排卵痛は和らぎます。
・豆乳やグレープフルーツ、プルーン、魚、ナッツ類、
温野菜などを食べると良いとも言われています。

【まとめ】

 

生理より排卵痛の方がツライという女性も多く特に
どうすれば治るというものでもないので困ったものですが、
赤ちゃんが欲しい女性にとっては、とても排卵は重要です。

上手に付き合っていけたらいいですね。