卵巣機能の低下ってどんな時なんでしょうか?

分かりやすいのは月経が遅れる、止まるなどが
1番分かりやすいかもしれません。

卵巣機能が低下すると若くても更年期障害の
症状などが現れてきます。


スポンサードリンク




卵巣機能の低下を防ぎ回復させるにはどうしたら良いのでしょうか!

卵巣機能の低下は早期発見で改善します。

 

食事や生活などの見直しで少しずつ回復します。

ですが、そのままにしておきますと卵巣機能の停止などもありえます。

 

【卵巣機能の低下の原因】

 
・ストレスや神経などの関わりがとても大きく左右するといわれています。

女性ホルモンや卵巣はストレスにとても弱いのです。

ストレスの発散方法を見つけるのも大事になってきます。


 

【卵巣機能を高める方法】

・ストレスの解放
・食生活の見直し
・卵巣の冷えを防ぐ
・肝臓を大事にする
『ストレスの解放』

 

・趣味をもったり、くつろげる時間を持ったりストレスを発散しましょう。

 

『食生活の見直し』

・インスタント食品や添加物・防腐剤などは体を酸化させるため、
卵巣を弱めてしまいます。

そのため正常な機能を果たせなくなってしまいます。

 

現代では色々な食材に含まれているため全てを取り除くのは
難しいかもしれませんが、少し意識してみてください。

 
『卵巣の冷えを防ぐ』

・卵巣が冷えてしまいますと機能が低下します。

体の中から温める食材や飲み物を飲むのが効果的です。

 

紅茶に生姜をプラスして飲んでみたり、ご自身にあった効能の
あるハーブティーなどをブレンドして飲むのも良いと思います。

 

リラックス効果もあり内臓が温まるとダイエットにも効果があるので
一石二鳥ではないでしょうか。

 

『肝臓を大事にする』

・意外なのが肝臓のデトックスなんです。

添加物などの毒素が体内に入ると血液やリンパなどを通り、
尿や便、汗などで体外にでてしまうのですが、
多すぎる毒素は肝臓で処理できなくなります。

 

そうなると体内で血液に混じり循環してしまうので
卵巣にも被害がでて低下してしまうのです。

 

【卵巣機能を高める食材】

 
『ビタミンB群を多く含む食材』

・ビタミンB群はストレスを解放するセロトニンや神経伝達を
スムーズにさせる効果があります。

ビタミンB6やビタミンB12などが特に重要で、鉄分も多い
牛レバーなどは最適です。


 
ですが、苦手な方も多いと思います。

ビタミンB6は、サンマ、カツオ、マグロ、バナナなどに多く、
ビタミンB12は豚肉、牡蠣、シジミ、イワシ、アサリなどに多く含まれます。

他には、ナッツ類などもあります。

 
『鉄分』

・黄体ホルモンの分泌を助けてくれる食材も大事です。

レバー類、プルーン、ほうれん草などがあり、ビタミンCと
摂取すると吸収率がアップし効果が上がります。

 
『大豆食品』

・女性ホルモンの働きを促進してくれる大豆食品は万能食品です。

過剰な摂取を避ければ、とても重要な食材です。
 

きな粉などは大豆そのままの栄養を摂取できるので便利だと思います。

 
『乳製品』

・カロリーなどが少し気になるかもしれませんが、チーズには美肌や
精神安定にかかせない栄養素もある良質なタンパク質でもあります。

 

【まとめ】

 
DHAやEPAの含まれる魚には血流を良くする効果もあるので
低体温を防いでくれる効果もあるそうです。

食生活なら少し頑張れば見直せるのではないでしょうか。