乳やミルクを飲ませたあとにしゃっくりをし始めると、
なかなか止まらず、苦しくないのかな?
辛くないのかな?と思いますよね。

また、ゲップが止まらず心配になることもありませんか?


スポンサードリンク




夜の寝る時間などにしゃっくりやゲップが続くと、
こんなに続いて大丈夫かな?と心配になったり、

お母さん、お父さんの睡眠時間が削られて、
精神的にも肉体的にも辛くなりますよね。

 

そこでしゃっくりやゲップの原因と止め方をご紹介します。

 

■赤ちゃんのしゃっくり

 

妊娠中、一定のリズムでピクピクと胎動を
感じたことはありませんでしたか?

これは、赤ちゃんがお腹の中でしゃっくりをしているときのリズムです。

 

赤ちゃんはお腹の中にいたときからもうすでにしゃっくりをしていたのです。

お腹の中にいたときは肺呼吸の練習のためしゃっくりをしていました。
 

■「しゃっくりの原因」

 

生まれてからの赤ちゃんのしゃっくりは、乳やミルクを飲んで、
胃が刺激を受けて横隔膜が痙攣することにより起こります。

 

横隔膜の痙攣が治ればしゃっくりは止まるので、
止まるまで待つのもひとつの方法ですが、
赤ちゃんのしゃっくりは見ていて辛そうですよね。

 

そんなときは、乳やミルク、湯冷ましや薄めの
麦茶などを少量をゆっくりと飲ませてあげると
しゃっくりが止まることが多いです。
 

■「乳やミルク以外の原因」

 

そのほかにオムツが濡れておしりが冷えたり、気温が
下がって寒くなったときにもしゃっくりが出てしまいます。

オムツ交換や気温の変化に注意してみましょう。
 

■赤ちゃんの胃の構造

 

赤ちゃんの胃の形は筒のような縦型で、大人のように、
鉤状になっておらず、噴門部の括約筋もまだ発達していません。

そのため、乳やミルクがゲップと一緒に出やすい構造になっています。
 

■赤ちゃんのゲップ

 

赤ちゃんは胃がまだ未熟なため、上手にゲップを出すことができません。

ゲップをさせてあげないと、せっかく飲んだ乳や
ミルクを吐き戻してしまいます。

 

また、吐き戻した乳やミルクが気管に入ってしまう危険性もあります。
「ゲップのさせ方」

赤ちゃんの頭と胸が、お母さん、お父さんの力こぶあたりに、
もたれるようにだっこします。

 


スポンサードリンク




そして背中を優しくトントンしたり、優しくさすってあげるとゲップが出ます。

 

■「ゲップがでない」

 

5分ほどしてもゲップがでないときもあります。そんなときは、
赤ちゃんを右側を下にして横向きに寝かせ、頭を赤ちゃん用

の枕やタオルなどで少しだけ高くして、背中にタオルなどを
丸めておいてあげると、乳やミルクを吐き戻したときに
気管に入りずらくなります。

 

吐き戻した場合はガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。

成長していくにつれ、胃の大きさや形が大きく変化していくので、
お母さんが抱っこしてゲップをさせなくても大丈夫なようになります。
 

■「ゲップが止まらないとき」

 

乳やミルクを飲むときに大量に空気も一緒に飲んでしまっていて、
お腹にガスと大便が溜まっていることがあります。

優しくのの字を書くようにお腹をマッサージをすると、
スムーズにガス抜きと大便が出るようになるので、試してみてくださいね。

 
赤ちゃんが明らかに泣き方がおかしかったり、顔色が悪いなどの
症状がなければ、しゃっくりやゲップは生理的なものなので、
心配しなくても大丈夫です。

 

赤ちゃんの様子を見ながら、しゃっくりやゲップが自然に止まるのを
ゆっくりと待ちましょう。

少しでもお母さん、お父さんの手助けになればと思います。
お母さん、お父さん、頑張ってくださいね!!