■デュファストン服用で生理が来ないのは何故?



デュファストンとは、プロゲステロンという排卵直後から
卵巣で作られる黄体ホルモンの分泌を増やして体のリズムを整える薬です。


その用途は不妊治療や習慣性流産、切迫流産・早産など妊娠や
妊娠継続のサポートや、服用を繰り返して正しい生理周期を
作り出し生理不順の解消など多岐に渡り、女性にとっては大変心強い味方です。


スポンサードリンク




デュファストンの服用によって黄体ホルモンが補充されますので、
その間は黄体ホルモンによって子宮内膜も厚みを増して
剥がれにくい状態が作られます。


子宮内膜の厚み以外にも黄体ホルモンが充実することによって、
高温期が継続して体が着床しやすい環境になり、乳腺が発達します。


そして通常であれば黄体ホルモンは妊娠が成立していなければ
排卵後2週間から14日後に減少していきます。


生理はこの子宮内膜が剥がれ落ちて体内に排出されるものですが、
デュファストン服用中は子宮内膜が剥がれにくいので
原則としては生理は来ない状態です。


デュファストンの服用をやめたら黄体ホルモンの分泌が減少していき、
妊娠が成立していなければ個人差はありますが高温期が終了して
低温期に移行し、3日から1週間の間に子宮内膜が剥がれてやがて生理が来ます。


また、人によっては服用をやめて直ぐに生理が来る方もいます。


ちなみにデュファストン服用した後の生理では経血が普段より少ない、
生理痛がいつもより重い・軽いなど多少の違いを感じる方もいます。


人工的に薬で体のホルモンを操作しているので、
軽微な変化はよくあるものです。


どれも基本的には心配はいりませんので安心してください。


また、デュファストンは医師の判断でだいたい8日分から12日分を処方されます。
デュファストンを飲むタイミングや量も個々の状況にに合わせたものを医師が決定します。


もしデュファストンの服用をやめても生理が来ない場合は妊娠の可能性か、
それ以外では他に異常があることがあります。


デュファストンの服用をやめて1週間以上生理が
来ないときは病院を受診するようにしてください。


■デュファストン服用中に生理が来る場合もある?



原則としてはデュファストン服用中には生理は来ないのですが、
まれに服用をしていても生理が来る方もいます。


スポンサードリンク




この場合に考えられるのが、デュファストンを服用する時から
既に生理が来ていたということです。

生理周期が整わない生理不順の方はまれにある現象です。


他にはその方にとってデュファストンの効力が
薄かったということが考えられます。


充分な効果が得られなかったので体がいつもとおりの働きをしているのです。


決してデュファストンが効果のない薬というわけではなく、
何事も個人差があるように、その方にとってはデュファストンの
効き目が薄いということです。


こういうときは医師の判断によって別の薬が処方されたり、
デュファストンの量を増やしたりなど他に効果的であろう
方法が試されることになるでしょう。

参照:生後9ヶ月の赤ちゃん1日の生活スケジュール

参照:生後10ヶ月の赤ちゃんのミルクの量と回数

■デュファストン服用するにあたっての注意



デュファストンを飲むように指示されていたタイミングに
飲み忘れていたりしても2回分まとめて飲むなど、
指示された方法以外での服用は決してしないようにしましょう。

もし飲み忘れた場合は医師に相談して指示を仰ぎましょう。


また、デュファストンとの飲みあわせが悪い薬は基本的には
ないとされていますが、デュファストン服用中に別の薬を飲む
必要があるときは医師にその旨を必ず伝えるようにしましょう。


そして軽微な副作用以外に、血栓症状やアナフィラキシーショックなどの
重大な副作用があることが極まれにあります。服用する前に不安に
なった場合は遠慮せず必ず医師に相談しましょう。