■デュファストンとは



デュファストンとは、プロゲステロンという
黄体ホルモンをサポートするための経口薬や注射です。


主に不妊治療などに使われて、基礎体温を高めて子宮内膜を
着床しやすいように分厚くしてフカフカにする妊娠成立を助ける働きがあります。


妊娠初期で切迫流産の恐れがある方にも処方されることがあり、
デュファストンの主成分である黄体ホルモンは妊娠の継続を
サポートするため働きがあります。



スポンサードリンク




妊娠はするもののすぐに流産などしてしまう
不育症の方にとっても嬉しい効力があります。


また、生理の周期が不安定な方の体のリズムを
整えるために使われることもあります。

このように女性には心強い薬がデュファストンなのです。


■デュファストンで妊娠したりする?



デュファストンは排卵後に服用する薬で、
飲むことによって子宮内膜を厚くします。


そうすることによって高温期が継続して妊娠しやすい体を作ります。


経口薬の場合、飲み方は排卵後(高温期すぐから3日目くらい)から、
およそ8日から10日間、1日1回から3回で飲む量や回数は医師の指示に従います。


飲み忘れがあった時は自己判断で2回分まとめて飲むなどはせず医師に相談しましょう。


そしてデュファストンの服用を止めると高温期が終了して生理が来ます。


使用の仕方によって高温期や生理のタイミングを操作して
無月経や生理不順を正していく事ができます。


これらはデュファストンによって根本的に体が変化したというよりも、
あくまで薬の効果がよく出ているということです。


服用をやめれば妊娠していなければ低温期に戻るし、
子宮内膜も排出(生理)されます。


この便利なデュファストン、
使えば妊娠するかと言えば必ずしもそうではありません。


あくまで妊娠しやすい体作りをサポートするためのものであり、
妊娠する約束がある薬ではありません。


スポンサードリンク





妊娠するためにデュファストンの効果を受けたいと思えば、
まず排卵しており適切なタイミング取って受精していることが第1条件です。

しかし受精していた場合はとても心強い味方になります。

黄体ホルモンの分泌が少なかったり、高温期が長続きしないと
いったような黄体機能不全のような方にもよい効果をもたらすでしょう。


また、デュファストンの服用を止めてもそのまま
高温期が続いて生理が来なければ妊娠の可能性があります。


より妊娠へ近づきたいという方は、排卵を促す処置をして
(排卵誘発剤を使用した上でタイミング療法をするなど)、
まずは受精の可能性を高めた上で、
デュファストンを服用するというのがいいでしょう。


そして普段生活が不規則な方は規則正しい生活をしたり、
体にいい食事をしたり、体を冷やさないで暖めるように
生活して基礎となる体も良い方向へ持っていっておけば、
より良い効果を受けることができるでしょう。


デュファストンは医師の指示に従い、正しい服用をすることによって
着床・妊娠に高い効果を発揮することが期待できます。

参照:生後9ヶ月の赤ちゃん離乳食レシピメニュー

参照:生後9ヶ月の赤ちゃんハイハイしないのは大丈夫?

■デュファストンの副作用



薬には副作用が付き物で、デュファストンも例外ではありません。


まれに体のだるさや吐き気、頭痛、腰痛、食欲不振などの症状を訴える方もいます。
このような不快症状が現れたら主治医に相談するようにしましょう。


そして中には、デュファストンを服用して太ったという方もいますが、
デュファストンの効果によって太ったのではなく体のリズムが
整って食欲がわいたという可能性が考えられます。


また、デュファストン服用中に風邪薬や持病などの薬の服用が
必要な場合は必ず主治医に相談にしてからにしましょう。


勝手な自己判断での服用は適切な効果を
得られないだけでなく危険な場合もあるのでやめましょう。