■デュファストンの副作用が



デュファストンとは女性ホルモンの1種である
黄体ホルモンを補充して妊娠継続を助ける薬です。


服用することによって高温期が続き、
子宮内膜を厚くして着床しやすい体作りをします。


スポンサードリンク





不妊治療を受けて妊娠を希望する方にとってはとてもありがたい薬ですが、
薬によって人工的に体に作用するわけですから副作用が生じることもあります。


よくある副作用としては、下腹部痛、食欲不振などです。


デュファストンを服用すると胃腸の調子が優れなくなる方がいます。


下腹部痛から始まり下痢をしたり、
食欲不振になったりと何だかスッキリしないということも。


軽微な場合は心配いりませんが日常生活に支障を来す
程の辛さでしたらすぐに病院を受診しましょう。


また、眠気やめまい、頻尿、汗をかくなどを訴える方もいます。


痛みを伴うものではなくても眠気やめまいなどはあったら億劫になりますよね。

デュファストンの服用と、眠気やめまいの症状とに直接関係あるかは
明らかではありませんが、デュファストンを服用している以上、
何らかの作用が現れていると思うのが自然です。


そしてまれにかゆみを感じる方がいますが、過敏症状を起こしている
可能性があるのでただちにデュファストンの服用を止めて医師に相談しましょう。


他には体のほてりやだるさを感じる方もいます。


これはデュファストンによって高温期が
継続していることが影響している場合があります。


ちなみにデュファストンを服用しだして太ったという方もいます。


太ったということにデュファストンが関係しているとは医学的な
根拠はありませんが様々な原因が考えられます。


これはデュファストンが女性らしい体作りをフォローする
黄体ホルモンのプロゲステロンを含むことから、
そのプロゲステロンの働きで体が丸みを帯びることがあります。


元々痩せ気味な体型の方によく見られる症状です。


スポンサードリンク




また、生理の周期リズムが規則正しく整うことで体が健康的になり
自然と食欲が増えて太ったということも。


どちらにしても健康的になったのかと思いますが、
太ることに敏感な女性にとってはなかなか辛い副作用ですよね。


■デュファストンの重大な副作用



上でお話しした副作用はよくあるもので比較的軽微な副作用です。
しかし体質などによって重大な副作用を引き起こすことがあります。


血液が固まってしまうことによって血栓が出来てしまったり(血栓症や心不全)、
命の危険があるアナキラフィシーショックなとがあり、
どれも放置することが出来ないものばかりです。

異常を感じたら速やかに服用を中止して病院を受診しましょう。


また、妊娠初期に服用するとお腹の赤ちゃんにも影響がある場合があります。
男児胎児の女児化、女児胎児の外性器男児化など深刻な副作用があります。


しかしこれらはかなり稀な副作用であり、それほど心配はありません。


どうしても不安が拭えない方は服用前に
主治医からよく話しを聞いて不安を解消しましょう。

参照:生後7ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因

参照:生後8ヶ月の赤ちゃん夜中何度も起きる対策


■副作用と誤認しがちな…



デュファストンを服用するのは排卵してからです。


排卵直後から排卵後3日目までに服用スタートです。
その日からおよそ8日から2週間服用し続けます。

服用をやめると生理が始まるのですが、
これは妊娠をしていなかった場合の話しです。


服用している期間の終盤に何だかお腹が痛い、頭痛がする、
吐き気がする、眠いなどの症状が出たらまず疑うべくは
デュファストンの副作用ですがそうでないこともあり、
妊娠超初期症状であることがあります。


症状が類似していることもあって、誤認される方もいますが、
高温期が継続していることかどうかなどを目安に判断するのもいいでしょう。