妊娠6ヶ月とは?



妊娠6ヶ月とは、妊娠20週~妊娠23週までの4週間のことを言います。

妊娠中期にあたりますが、つわりも落ち着き体調も
安定していることから、安定期とも呼ばれます。


この時期のママのお腹は、横から見ても服の上からも
お腹が膨らみ目立つようになってきます。


胎動で性別が違う?



妊娠6ヶ月では、胎動も感じられるようになってきます。


スポンサードリンク




その胎動の感じ方で、色々な事が言われています。
それは、胎動の感じ方で性別がわかる??というものなのです。


まず、皆さんも聞いたことがあるのは、
「胎動が激しいと男の子」というものです。


逆に、胎動が弱いと女の子という迷信のような情報があります。


しかし、これには医学的根拠は全くないので、胎動が激しくても
女の子の場合がありますので、赤ちゃんの性格によって変わってきます。


その他、胎動が早い時期から感じたら男の子で、
遅かったら女の子という迷信情報もありますが、
こちらも根拠は全くありません。


こちらも先ほど同様、性格によって変わります。


胎動の感じる時期自体、
個人差なので男の子だからという理由はありません。


他にも、左で感じれば男の子右だと女の子という情報もありますが、
こちらも医学的根拠は全くありません。


男の子だから女の子だからという理由で、
左右が分かれることはありません。


胎動で性格が?



胎動については、本当に色々な迷信情報があります。


妊娠中に胎動が激しいと、生まれてからの赤ちゃんの性格は
元気いっぱいのやんちゃな子供になる。


スポンサードリンク




逆に、胎動がおとなしいとそのままおとなしい性格の子供に・・・
というものなのですが、こちらも医学的根拠は全くないようなのです。


意外!!と思っている人もいるのではないでしょうか。


胎動の動きが赤ちゃんの性格によって変わると思っている方は
少なからずいらっしゃると思います。


しかし、こちらも胎動の感じ方は人それぞれ
個人差になるので、一概には言えないようです。


胎動を激しく感じていても、生まれてからの赤ちゃんの
性格はおとなしい場合がありますので、
やはり胎動と赤ちゃんの性格は別のようですね。


胎動を感じない?



胎動がまだ感じられないというママもいるかもしれません。


こんな時は、赤ちゃん大丈夫かな?と心配になってしまいますよね。


妊婦検診時のエコー検査で赤ちゃんが元気という診断をされていれば、
特に心配はいりません。


もう少し日数が経てば、胎動を感じるようになると思いますので、
焦らず待ってあげてくださいね。


心配なのが、今まで胎動があったのに今日は胎動を感じられなくなった!
というケースは注意が必要ですね。


同時に痛みや出血がある場合は、余計に心配になります。



胎動を丸1日感じないときは、産婦人科に連絡をして
赤ちゃんの様子を診察してもらった方が安心できますね。


出産間近の臨月に入れば、胎動はあまり感じられなくなるようです。


赤ちゃんも大きくなり身動きがとりにくくなってきます。


そして、赤ちゃんも出産の準備を始めて、
頭が骨盤に入るので胎動を感じにくくなるようですよ。


リラックスすることが必要



胎動があまり感じない、今日は胎動がまだかも?と心配な時は、
まずはママ自身ゆっくりと休んでみてはいかがでしょうか?


胎動を感じるときは、ママが寝ている時やくつろいでいる時の
リラックスしている時に、胎動を感じやすくなります。


もしかしたら、忙しく動いているため
胎動に気付かなかったのかもしれません。

気分を落ち着かせてリラックスしてみてくださいね。

参照:陣痛促進させる寝方やストレッチや体操

参照:二人目三人目の陣痛こない原因!スクワットでくる?

まとめ



胎動の感じ方で性別が変わるという、噂はあくまで噂。
迷信なので、あまり振り回されないようにしましょう。


そして、胎動自体個人差があるので、激しかったり弱かったりするのは
当たり前なので、特に心配もいりません。

性別判断は、妊婦検診時のエコー検査で判断してもらいましょう。