妊娠6ヶ月とは?



妊娠6ヶ月は、妊娠20週~23週の4週間のことを言います。


つわりなどの症状もなくなっている方がほとんどで、
体調が安定している時期になります。


お腹の膨らみも周囲からも目立つようになってきます。


スポンサードリンク




この時期では、胎動を感じる人が多くなるので、
赤ちゃんがお腹の中で元気に成長していることを、
エコー検査以外で実感できるようになりますね。


赤ちゃんの大きさ



妊娠6ヶ月の赤ちゃんの大きさは、身長は約25cm~30cm、
体重は約450g~700gと一気に大きく成長していきます。


子宮底長も、約25cm~28㎝になっていくため、
大きくなったお腹を支えるため腰に負担がかかり、
腰痛になる妊婦さんが増えてきます。


その他、子宮が他の臓器等を圧迫したり、ホルモンバランスの
崩れから便秘や頻尿などのトラブルも増えてきます。


妊娠中だけのトラブルなので、出産をしたらこれらの
トラブルはなくなります。


心配だったり症状が悪化しているようであれば、
妊婦検診時にでも相談するといいですね。


体重増加の目安



妊娠6ヶ月のこの時期は特に体重は増加しやすい時期でもあります。


1週間に200~400g増えるペースの体重増加であれば問題ありません。


しかし、200g以上の増加の場合は、体重管理をきちんとしたり
見直したりしなくてはいけません。


スポンサードリンク




また、妊娠前より5キログラム以上増加をしている場合も注意が必要です。


増えた体重減らせる?



増えすぎた体重をどうにかしたく減らしたい!と思ってしまう
妊婦さんは少なくありません。


しかし、妊娠中のダイエットは禁物です。


それは、体重を減らしたいからと言って無理にダイエットをしてしまうと、
赤ちゃんに影響が出てしまいます。


そのため、ダイエットをせずに妊娠中に出来る体重管理を見直していきましょう。


体重管理その①



適度な運動をすること。


これが、意外と出来ていない妊婦さんは多いんです。


妊婦だからと言って、あまり動かずにしていたり、妊娠をきっかけに
お仕事をやめたりと体を動かしていない人が多いようです。


激しい運動は、ダメですが、ウォーキングなどの軽めの運動は
積極的にした方がいいですね。


意識せずに出来ることは、散歩でしょうか。


ウィンドウショッピングも、歩くので
運動と聞くと苦手な人でも気軽に始めやすいですよ。


その他、マタニティヨガも人気です。今は、教室なども
開いているところもあるので、調べてみるのもいいかもしれませんね。


体重管理その②


食生活の見直し。


つわりが落ち着いて、体調が安定しているこの時期では
ついつい食べ過ぎることが多いようです。


冷凍食品やインスタント食品を食べ過ぎていないか、
外食が多くないかなど思い返してみましょう。

自炊でも、揚げ物などの脂っこいものが多くないかなど、
メニューを再確認してみましょう。


外食やインスタント食品などは、極力避ける方がいいですね。


塩分や脂肪分などカロリーが高いものが多いので、
体重が増えやすくなってきます。

赤ちゃんにとってもいいものではありません。


そして、お菓子など(特にスナック菓子)の間食は避けましょう。


お腹が空いた時は、お菓子じゃなくておにぎりを食べた方がいい!
というのを聞いたことがあります。


朝やお昼などに残ったご飯を、小さいおにぎりにして
作っておいておくのもいいですね。


その他、ヨーグルトもいいですね。便秘の方にもおすすめです。


妊婦さんにいいのは、「和食」が一番おすすめの食事ですね。

とはいえ、和食以外のも食べたいですよね。

その時は、野菜を多めに食べたりと「ビタミン」、
「ミネラル」を多く摂取するように心がけましょう。

参照:妊娠中期の体重増加の平均目安

参照:妊娠中期お腹の張りと痛み原因!

まとめ



妊娠中、体重が増えすぎていたら自分も落ち込みやすくなったり、
妊婦健診で注意を受けたりといい事は少ないですよね。


赤ちゃんと二人分食べないと!という事は、実は間違いなんです!


妊娠中の、体重管理は大変ですが、出産を楽にできたり、
産後のボディケアも楽にできたり、自分自身にとってメリットになります。


つい食べ過ぎてしまいますが、食事の内容を変えるだけで、
体重増加も抑えられますので、体重管理今からでもはじめて、
楽しいマタニティライフをお過ごしください!