赤ちゃんも生後9ヶ月を迎えると、身長や体重の増え方が
ゆっくりになり、その分、知的な発達が進みます。


そのため、いろいろなものに興味を持ち、行動範囲も広くなるので、
我が子から目が離せないと思うお母さんが増える時期です。


スポンサードリンク





そこで今回は、生後9ヶ月の赤ちゃんの成長の様子や
1日の生活スケジュールについて、お話ししたいと思います。
 

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長

 
生後9ヶ月の赤ちゃんの一般的な成長の目安は、
身長が65.5~76.2cm、体重が6.7~10.4kgです。


運動量がアップすることで筋肉が増え、体つきも引き締まってきます。


 

下の前歯に続き、上の前歯も2本のぞくようになり、
「あー」「くー」などの喃語を話し始める赤ちゃんも多いです。


お母さんやお父さんの声を真似したりするので、
赤ちゃんが何かを話しているときには、
相槌をうったり、返答をしてあげるようにしましょう。


 
大人の見分けができるようになるので、お母さんが
離れようとすると後追いをしたり、姿が見えないと激しく泣くこともあります。


赤ちゃんに不安を与えないためにも、家事などで離れるときには
「すぐに戻るからね」と、声をかけてあげるようにしましょう。
 

生後9ヶ月の赤ちゃんの運動能力

 
赤ちゃんも生後9ヶ月になると、ハイハイが上手になって
スピードがアップし、つかまり立ちができるようになり、
早い子だと伝い歩きを始めることもあります。

 
腰がしっかりするのでお座りのままで遊べるようになり、
パチパチと手をたたいたり、大人を真似てバイバイしたり、
「まんまん」「ばーばー」など出す声のバリエーションも増えます。


スポンサードリンク




話しかけながら一緒に遊ぶことで、コミュニケーションもはかれますし、
赤ちゃんが言葉を覚える機会にもなります。
 

生後9ヶ月の1日のスケジュール

 
生後9ヶ月は、離乳食を3回食に進めるタイミングです。



朝・昼・夜に離乳食を食べさせることを念頭に置き、
1日の生活スケジュールを組むようにしましょう。
 

朝は起きる時間を決め、起こしたらすぐに朝日を浴びせ、
体内時計をリセットします。


着替えをさせたら、1回目の離乳食を食べさせ、
ダラダラ食べさせることはせず、時間になったら切り上げます。

欲しがるようなら、母乳やミルクを与えてもよいでしょう。
 

その後、お母さんが家事を片付けている間は、
おもちゃなどを用意して、一人遊びをしてもらいます。


赤ちゃんが構ってほしそうなときは家事の手を止めて遊び相手をし、
午前の昼寝に入ってから再開するのもよいでしょう。

 
昼になったら、2回目の離乳食を与えます。


その後、快適な気温のうちに、買い物を兼ねて散歩に出かけましょう。
 

戻って、喉の渇きをいやす感覚で母乳やミルクを飲ませると、
そのまま午後の昼寝に入る赤ちゃんが多いです。


赤ちゃんが眠っている間に家事を片付けておくと、
黄昏泣きをした赤ちゃんにも余裕をもって接することはできます。
 

夕方には最後の離乳食を与え、
十分に食休みをしてから、お風呂に入れます。


その後、母乳やミルクを与えて、そのまま寝かせます。

 
20~21時の間に寝かせるようにすると、
翌朝6時ころまで眠ってくれる赤ちゃんも多いです。


生後9ヶ月なら、夜中の授乳があっても1回程度なので、
できるだけ生活リズムを崩さないように配慮しましょう。

参照:生後8ヶ月の赤ちゃんのミルクはストロー?量や間隔

参照:生後9ヶ月の赤ちゃん離乳食レシピメニュー

 

生後9ヶ月の成長を促す環境づくりを心がけよう

 
運動能力も知的能力も急激に成長する生後9ヶ月の赤ちゃんは、
好奇心のかたまりです。


ハイハイしたり、立ったり座ったりするのが楽しくて仕方がないですし、
興味があるものは何でもつかみ、口に入れます。

 
フローリングの床にはコルクマットやじゅうたんを敷き、
赤ちゃんの手の届くところには危ないものを置かないなど、
安全面にも注意してあげましょう。