赤ちゃんも生後7ヶ月になると、生活リズムができあがります。


一日に必要な睡眠時間も13時間ほどになり、
まとまって眠ってくれるようになります。


 
ですが、授乳で起こされることはなくなっても、
寝ぐずりや夜泣きに悩むお母さんが増えてくる時期です。


スポンサードリンク





そこで今回は、生後7ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずりや夜泣きの原因や、
効果的な寝かしつけ方法について、紹介したいと思います。
 

生後7ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずりと夜泣きの原因

 
生後7ヶ月になると、寝ぐずりや夜泣きが始まる赤ちゃんが多くなります。


これは、脳の発達により赤ちゃんに個性が出てくることが原因とされています。


寝返りが上手にうてるようになり、座る時間が長くなり、
ずりばいを始める子がいるなど、運動量もアップしています。

 
そして、自分の声を聴き分けられるようになるなど脳の発達も著しく、
生活の中で刺激を受けることで興奮したり、不安や戸惑いを
感じることも増えてくるのです。


そのため、寝ぐずりや夜泣きを始める赤ちゃんが数多くいます。
 

これも成長の課程なので、上手に乗り切りましょう。
 

生後7ヶ月の寝ぐずりと対処法

 
寝ぐずりとは、赤ちゃん自身が眠たいのに、
眠ることができずにグズグズする状態のことをいいます。


生後7ヶ月の赤ちゃんが寝ぐずりをするのは、自己主張をしている、
お母さんやお父さんに甘えたりないなど、情緒面の成長によるものだけでなく、
お腹がすいた、暑い・寒いなど身体的に不快なことを知らせるサインのこともあります。


スポンサードリンク





不快な状態を改善してもグズグズいっているときは、
気持ちを満たしてあげる必要があります。

 
お母さんが抱っこや添い寝をすることで、赤ちゃんを安心させてあげましょう。


また、夜に寝ぐずりさせないために、眠りやすい状態をつくることが大事です。
 

日中にお散歩したり、たくさん遊ばせる、昼寝は17時までにするようにするなど、
生活の中でメリハリをつけて、夜は疲れて眠りやすくしましょう。
 

寝かしつけの習慣をつけておこう

 
生後7ヶ月をスムーズに眠らせるためには、
寝かしつけの手順を決めておくのが有効です。
 

眠る時間が近づいたら、部屋の電気を暗くしてテレビを消し、
お母さんが歌を歌ったり、入眠効果が高いCDをかけるなど、雰囲気づくりをします。

 
そのうえで、ベビーベッドの周りに赤ちゃんが気に入っている
ガーゼやぬいぐるみなどを置き、寝かせた後でベビーマッサージをしたり、
お腹や背中をトントンするなど、赤ちゃんが眠りやすい環境をつくりましょう。


これを毎日続けていれば、生後7ヶ月の赤ちゃんも、
それが入眠のための儀式だと認識するようになります。
 

その際に気をほしいのが、お母さんが「早く寝て!」とイライラしないことです。


お母さんの気持ちの変化を、生後7ヶ月の赤ちゃんは敏感に感じ取ります。
 

その結果、さらに落ち着きをなくしてしまうのです。


寝ぐずりは一生続くものではないので、大らかな気持ちで受け止めてあげましょう。

参照:生後2ヶ月の赤ちゃんが抱っこしないと昼寝しない時の対策!

参照:生後2ヶ月の赤ちゃんお出かけベビーカーでのポイント

 

生後7ヶ月の夜泣きへの対処法

 
生後7ヶ月の赤ちゃんは、自分とお母さんとお父さん、
それ以外のひとの区別がつくようになります。


そして、お出かけする機会も増え、遊び方にもバリエーションが
出てくることで、脳に刺激を受けることも多くなります。
 

そうした興奮や不安、生活リズムの変化が、夜泣きを誘発することがあるのです。


生後7ヶ月の赤ちゃんの夜泣きを減らすためには、朝起きたら日光を浴び、
夜には部屋を暗くするという昼夜のリズムを守ること、昼寝をさせすぎないこと、
赤ちゃんの身体を温めて眠りやすくすることを、試してみてください。
 

とはいえ、生後7ヶ月の赤ちゃんは、まだまだ眠り方も上手ではありません。


1歳を過ぎれば夜泣きはおさまってきますので、あせらず対応してあげましょう。