赤ちゃんも生後5ヶ月になると首が座り、体つきもしっかりとし、
全身の筋肉が発達することで、手足も力強く動くようになります。


知的な成長も著しく、何でも触ったりなめたりして、確かめようとします。



 
おもちゃにも関心を寄せる生後5ヶ月の赤ちゃんに、
どんなものを与えたらよいかも含めて、お話ししたいと思います。

 

生後5ヶ月の赤ちゃんの様子

 
母子手帳に記載された発育曲線を見ると、生後5ヶ月の赤ちゃんの
身長は60~71cm、体重は5500~9200gが目安とされています。


スポンサードリンク





生後5ヶ月の赤ちゃんの多くは首が座り、背骨がしっかりとすることで、
両手で支えてあげれば、お座りの姿勢を保てる子も増えてくる時期です。


早い子は、寝返りをし始めることもあります。


生後5ヶ月の赤ちゃんは、ものに触ることで、個体を識別できる力が発達します。


 

自我も芽生え、感情表現がより豊かになります。
そのため、人見知りが激しくなる赤ちゃんもいるようです。


そして、そろそろ離乳食を始める時期です。

 

生後5ヶ月の赤ちゃんの遊び

 
生後5ヶ月になると、赤ちゃんには物を識別する能力が備わります。


そのため、周囲の人や物に対する好奇心・探究心がアップし、
何でも触ったり、口に入れたりして、確かめようとします。


 

社会性も十分に備わっているので、自宅でお母さんと過ごすだけでなく、
児童館や公園、子育て広場といった公共施設を利用し、
広い場所でのびのび遊ばせたり、同年代の赤ちゃんと交流させることで、
刺激を与えてみるのによい時期です。

 

生後5ヶ月の赤ちゃんに適したおもちゃ

 
生後5ヶ月になると、赤ちゃんはものを両眼で見られるようになります。

そのため、立体的なものに興味を持つようになります。


また、手先が器用になる時期でもあるので、指を使って
おもちゃをつかんだり、振ることもできるようになります。


 

そんな時期は、軽い力で押しても戻ってくる起き上がりこぼしや、
押すと音が鳴る、振ると音が出るおもちゃを与え、触覚だけでなく、
聴覚や視覚にも刺激を与えてあげるとよいでしょう。


スポンサードリンク





また、積み木やスポンジなど、触り心地の違う素材を与えると、
触覚に刺激が伝わり、五感を磨くことにもつながります。

 

生後5ヶ月の赤ちゃんに適した手作りおもちゃ

 
生後5ヶ月の赤ちゃんに与えるのは、市販したおもちゃでなくてもかまいません。


お母さんの手作りおもちゃでも、十分に知育玩具になります。



 
家にある不用品を使って、我が子が喜ぶおもちゃ作りにもチャレンジしましょう。

例えば、不要になったペットボトルにビー玉や大きめの
ビーズなどを入れると、簡単にマラカスができます。


中に入れるものをカラフルにすると、生後5ヶ月の目を楽しませることもできます。


 

先輩お母さんの中には、マヨネーズの空き容器やガチャガチャの
ケースを使って、音の鳴るおもちゃを作ったひともいます。

参照:妊娠初期の出血は続く?色、かたまり!6週7週8週

参照:妊娠8ヶ月お腹は下に下がる?冷たい、かたい?


 

卵パックなども、切り口部分をきちんとビニールテープで留めれば、
中のビー玉やビーズが不思議な動きをするおもちゃに大変身します。

また、生後5ヶ月の赤ちゃんはティッシュを引き出すのが大好きです。
ですが、本物のティッシュで遊ばせると、
片付けが大変ですし、もったいないですよね。

 


そこで、不要になったティッシュボックスをフェルトなどで覆い、
ペーパーが出てくる中央部分に紐やリボンを何本が縫い付け、
赤ちゃんが引っ張り出せるおもちゃを手作りしてみましょう。


長く引っ張れるものだと、赤ちゃんも楽しめるはずです。


 

ただし、首や手足に巻きつかないように、
お母さんが目を離さずに遊ばせてあげてください。

この他にも、牛乳パックを使って積み木を作るなど、
いろいろな手作りおもちゃがあります。



 
インターネットで検索をして、自作できそうなおもちゃを、
どんどん手作りしてあげてください。