生後3ヶ月になった赤ちゃんの多くは、出生児体重の2倍まで大きくなり、
首が座り始めるなど、一段と成長を実感することが増えてきます。


そこで今回は、生後3ヶ月の生活リズムや遊び方について、
まとめておきたいと思います。
 

生後3ヶ月の赤ちゃんの様子

 
母子手帳に書かれた、厚生労働省の発達曲線をみると、
生後3ヶ月の赤ちゃんの身長は56~67cm、体重は5000~8000gが一般的です。


スポンサードリンク





首が座る赤ちゃんが増えてくるのも生後3ヶ月で、縦抱きしても安定してきます。



 
お母さんやお父さんがあやすと声を立てて笑い、
空腹感と満腹感がわかるようになります。

 
自分で両手を身体の前で合わせたり、短時間なら軽い
おもちゃを自分で握ることができるようになります。
 

生後3ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

 
赤ちゃんも生後3ヶ月を迎える頃には、生活リズムができ始めます。


授乳の間隔や回数も安定し、毎日同じ時間帯に眠る赤ちゃんが多くなります。


 

生後3ヶ月になるころには、日中に目覚めていることが多く、
夜にまとめて眠る子が増えてくるので、夜中の授乳回数が減ってきます。


日中も、1人で遊ぶことが増えますが、反面、夕方になると騒いだり、
機嫌が悪くなってぐずるという、たそがれ泣きを始める赤ちゃんもいます。


これも成長の過程なので、お母さんは神経質になりすぎないよう、注意しましょう。
 

生後3ヶ月の赤ちゃんの遊び方

 
赤ちゃんも生後3ヶ月になると、筋肉が発達することで、
自分の意思で身体を動かすことが上手になるとともに、社会性が芽生えてきます。


自分の目の前からお母さんの姿が見えなくなると、
首を回して探したり、目の前でおもちゃを動かすと追視します。



 
聴力もしっかりしてくるので、大きな音に反応したり、
「ア~」「ウ~」といった喃語が出る赤ちゃんも多いです。


生後3ヶ月の赤ちゃんと遊ぶときには、
こうした成長を理解した方法を取り入れてあげましょう。


スポンサードリンク




生後3ヶ月の赤ちゃんの遊び方としては、
軽いガラガラを持たせることがあります。


 

手指を動かす運動にもなりますし、
音に反応したり、口に持っていくこともできます。


別途メリーやベビージムなど、オモチャが
ぶら下がっているものを用意するのもよいでしょう。



 
赤ちゃんの視力の発達に合わせて、色が鮮やかにつくられており、
動きや音も発生するので、赤ちゃんが長時間飽きずに遊ぶことができます。


こうしたおもちゃを取り入れて、赤ちゃんと遊んであげましょう。


 
参照:妊娠4ヶ月の体重増加の平均!胎動は感じる?

参照:妊娠6ヶ月の腹痛は激痛?チクチク、ズキズキ、キリキリ!

 

お母さんと遊ぶのが一番!

 
とはいえ、生後3ヶ月の赤ちゃんにとって最高なのは、
お母さんと一緒に遊ぶことです。


お母さんが積極的に話しかけ、赤ちゃんの喃語にも
反応してあげると、言葉はなくてもコミュニケーションが生まれます。



 
赤ちゃんに話しかけながら、ほっぺたやお腹、肩のあたりを
指でツンツンとつついたり、お腹に口をつけて「ブーッ」と
大きな音をたててあげたりすると、赤ちゃんはとても喜ぶはずです。

また、生後3ヶ月には首が座っている赤ちゃんも多いので、
運動を兼ねた遊びもおすすめです。



 
お母さんの親指と人差し指でふくらはぎのあたりを持ち、
足を上半身の方にグッと寄せてから戻すという屈伸運動を、
歌やリズムに合わせてやってあげると、音感を育むことにつながります。

そして、お母さんと生後3ヶ月の赤ちゃんのスキンシップを
はかるために、マッサージをするのも遊びの延長です。


 

指の腹や手の平を使って、赤ちゃんのお腹を
溶けいまわりに、くるくると撫でます。


やさしく「の」の字を描くイメージで行うと、
生後3ヶ月の赤ちゃんの便秘防止も期待できます。


 
すべてのポイントは、お母さんが赤ちゃんと向き合って、
肌に触れたり、声掛けをしながら遊ぶということです。


ぜひ、取り入れてみてください。