生後1ヶ月の赤ちゃんは、自分で自由に身体を動かすことができません。



そのため、鼻水が出たり、鼻づまりが起こると、
とても苦しい思いをすることになります。

 


そこで今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻水の
原因と対処法について、まとめておきたいと思います。
 

生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻水の原因

 
赤ちゃんは、お母さんから免疫をもらって生まれてきます。


スポンサードリンク






そのため、ある程度の免疫は持っていますが、風邪をひくこともあり、
そのために鼻水が出ることがあります。



 
また、生後1ヶ月の赤ちゃんは鼻の粘膜が未成熟なので、
室内の空気の汚れや乾燥が鼻づまりを引き起こすことも原因の一つです。
 

生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻トラブル対処法

 
生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻水がダラダラと出ているときには、
大人と同じように鼻をつまむような拭き方をしてはいけません。


鼻水を吸い取るイメージでやさしく拭き取ると、肌が荒れずに済みます。


 

また、鼻水が固まって鼻づまりを起こしたときには、
綿棒などでとるよりも、ストローで吸い上げてあげることをおすすめします。


最近では、赤ちゃんの鼻水や鼻づまりを解消するアイテムが増えているので、
ベビー用品売り場で探してみるのも、よいと思います。
 

奥になる鼻くその吸い取り方とは

 
生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻の奥に、鼻くそがつまってしまうことがあります。


綿棒やピンセットでは、さらに奥に入ってしまうことがあるので、
吸い取った方がよいでしょう。



 
一番手っ取り早いのは、口で吸い取ることです。


赤ちゃんの鼻に口をつけて、吸い取ってあげてください。


 

奥の鼻くその場合は、ストローを差し込むと赤ちゃんの鼻の中を
傷つける恐れがあるので、鼻水吸引器を使うのもおすすめです。


鼻の手前まで出てきたら、ピンセットで取ってあげてください。
 

赤ちゃんの鼻水は色もチェックしよう!

 
生後1ヶ月の赤ちゃんの鼻水にも、いろいろな状態があります。


スポンサードリンク





サラサラした透明で水っぽい鼻水は、気温や湿度といった
環境の変化に反応して起こっていることが多いです。



 
咳や発熱がなければ、慌てて病院に連れていくことはありません。


白くて粘り気のある鼻水の場合は、細菌やウイルスに感染している可能性があります。


また、鼻の炎症が起こり、粘膜が剥がれ落ちたことで、粘り気を感じることもあります。


 


乳やミルクが飲めているなら、すぐに病院に連れて行かなくても
構いませんが、症状が悪化しないかを注視することをおすすめします。


赤ちゃんの鼻水が黄色や緑色の場合、体内で撃退された細菌や
ウイルスが含まれていることが多いです。



 
治りかけている証拠ではあるのですが、こうした鼻水が
たまったまま放置されると、蓄膿症になることがあります。


こまめに取ってあげるようにしましょう。


 

また、咳や発熱が伴う鼻水のときには、すぐに病院で診察を受けましょう。

参照:子宮口が開かない原因!バルーンと促進剤とラミナリア

参照:妊娠初期の出血は続く?色、かたまり!6週7週8週

 

黄色い鼻水の対処法

 
黄色い鼻水は、粘り気があることが多く、拭くだけでは取れません。
鼻水吸引器などを使って、吸ってあげるとよいでしょう。

その際、寝かせたままでなく、縦抱きして吸ってあげると、鼻の通りがよくなります。


そして、鼻水が黄色くなったときには、風邪ではない、
他の病気にかかっている可能性もあります。


 

粘り気がある鼻水は赤ちゃんの鼻をふさいでしまい、呼吸がしにくくなります。


すると、乳やミルクが飲みにくくなり、赤ちゃんの機嫌も悪くなってしまいます。


 

また、黄色い鼻水をそのまま放置しておくと、中耳炎になったり、
蓄膿症まで進むなど、別な病気の引き金になるので注意が必要です。


耳鼻咽喉科に連れて行けば、たまっている鼻水や鼻くそを
取ってもらうこともできるので、病院に連れて行ってあげましょう。