出産を終え、可愛い我が子との対面を果たしたら、
いよいよ育児がスタートします。


初めての出産だったお母さんにとっては、生後1ヶ月の
赤ちゃんとどう向き合えばいいのか、不安に思う時期でもあります。

 

そこで今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムについて、
お話ししたいと思います。
 

生後1ヶ月の赤ちゃんの様子

 
出産から生後1ヶ月までの間に、赤ちゃんは平均すると身長が5cm伸び、
体重が1kgほど増えていれば、順調といわれます。



スポンサードリンク




生後1ヶ月の男の子だと身長50.9~59.6cm、体重3.6~6.0kg、
女の子だと身長50.0~58.4cm、体重3.4~5.5kgが平均とされています。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんは、3~4時間おきに乳を欲しがるのが一般的です。

生まれたばかりのころは、乳を飲むのが上手じゃありませんが、
根気よく慣らしていくことで、授乳間隔が安定するようになります。

 


1日に7~8回授乳するのが、一般的な回数です。
 

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

 
生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別なく、寝てばかりいるものです。


ですが生後1ヶ月を迎えるころには、
少しずつ昼間に起きている時間が長くなってきます。
 


とはいえ、まだまだ生活リズムが確立されているわけではなく、
3~4時間おきに寝るのが普通です。

赤ちゃんはお腹がすいたり、オムツが汚れたときに泣きますが、
目が覚めているようなら、しっかりコミュニケーションすることをおすすめします。


 

お母さんが目覚めている赤ちゃんにしっかり向き合うことで、
生活リズムが整いやすくなるのです。


また、赤ちゃんが起きている時間が長いと、動きも活発になり、
顔の筋肉が発達することで、表情が豊かになり、顔立ちもハッキリしてきます。


 

生後1ヶ月には、泣き方にもバリエーションが出てきて、
甘え泣きやぐずり泣きもおこるようになります。
 

生後1ヶ月の寝かしつけ

 
生後1ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずりに悩んでいるお母さんも、
多いのではないでしょうか。


赤ちゃんの寝かしつけは、しつけの一環です。


スポンサードリンク






早く生活リズムをつけることで、1人で眠れるようにすることが大事です。


 
そこで、まず昼夜の区別をきちんとつけることを習慣にしましょう。


それは、日中はカーテンを開けて部屋を明るくし、夜は暗くすることです。



 
生活の中にメリハリをつけることで、赤ちゃんが昼夜を認識しやすくするのです。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、成長に伴って、甘え泣きも増えてきます。


泣き続けて赤ちゃんがなかなか眠らないときには、抱っこしたり、
添い寝をしながら声をかけるなどして、赤ちゃんを安心させてあげましょう。


 
参照:妊娠4ヶ月の体重増加の平均!胎動は感じる?

参照:妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛の違いは?


 

赤ちゃんが眠りやすい環境をつくろう

 
生活リズムをつくりながら、スムーズに寝かしつけをするために、
赤ちゃんが眠る環境に配慮することも大事です。


室温は20℃が望ましく、部屋の空気が乾燥しないよう、
加湿器などを使って湿度調整をします。

 


そして、赤ちゃんを置く布団をあらかじめ温めておき、
腕に抱かれていた温度と変わらない状況をつくっておくのです。


ベビー用のタオルケットなどにくるんでから、抱っこして寝かしつけるのも良いでしょう。


 

また、掛布団が重すぎることも、赤ちゃんにとっては不快です。


日中に寝かせるときは、部屋を必要以上に暗くすることはありませんが、
夜に寝かせるときには暗く、静かにすることがポイントです。


 

人間は、朝日を浴びることで体内時計をリセットしているので、
夜なのに明るいところで寝かせてしまうと、生活リズムがつきにくくなります。


同様に、赤ちゃんが眠っていたとしても、毎朝同じ時間にカーテンを開けて、
部屋を明るくするなど、一日の中でメリハリをつけましょう。