妊娠10ヶ月は妊娠36週から39週にあたり、
赤ちゃんの頭が下がり、胎動を感じる回数も減ってきます。


そこで今回は、妊娠10ヶ月のお腹の赤ちゃんの成長具合について、
大きさや体重を含めてお紹介したいと思います。
 

妊娠36週の赤ちゃんの大きさと体重

 
妊娠36週の赤ちゃんの大きさは45~47cm、
体重は2,000~2,900gと、個人差が出ます。


スポンサードリンク





心臓や肝臓、呼吸器、消化器といったすべての臓器が完成し、
腎臓が機能することで、体内の水分を処理し始めます。

 


胎脂が剥がれてピンク色の肌が表れ、しわしわだった皮膚にも張りが出てきます。


背中の一部を除いて産毛もなくなり、握力がどんどん強くなります。


定位反応により、お腹の中にいても、光のある方向を向きます。
 

妊娠37週の赤ちゃんの大きさと体重

 
妊娠37週の赤ちゃんの大きさは45~48cm、
体重は2,500~3,000gになります。


頭位が肩幅やお尻の周りと同じ程度の大きさになり、
足の爪も最終的な長さに伸びます。

 


消化器官が発達しているので、腸内に老廃物や細胞がたまり、
これが濃い緑色の胎便になります。


赤ちゃんは出産に備えて背中を丸め、
手足を折りたたみ、骨盤の中へと移動を始めます。
 

妊娠38週の赤ちゃんの大きさと体重

 
妊娠38週の赤ちゃんの大きさは47~49cm、体重は2,700~3,200gと、
保育器に入らずに済む、2500g以上の成熟児が増えます。


内臓が完成し、身体機能の面では、いつ生まれてもよい状態になります。


スポンサードリンク






身体に脂肪が蓄えられるので、皮膚が厚くなり、
透明だった皮膚が白から青みがかったピンクに変わっていきます。


胎脂や産毛が見られなくなり、それが胎便になって、腸の中に蓄積されます。

 

妊娠39週の赤ちゃんの大きさと体重

 
妊娠39週の赤ちゃんの大きさは48~50cm、
体重は2,800~3,400gに達し、身体は4頭身になります。


出産で外に出ても大丈夫なように、体脂肪率が15%までアップします。



 
身体を覆っていた胎脂もなくなります。
 

胎動の回数が減るのは問題ない

 
妊娠10ヶ月になると、胎動を感じる回数が減ってきます。



これは、出産に備えて赤ちゃんの頭が骨盤に下がり、
手足を折り曲げた姿勢でいること、子宮の中で動けるスペースがなくなることによります。


 

回数が減っても、一日の中で数度胎動を感じていれば、お腹の赤ちゃんは元気です。


ただし24時間胎動がない時には、トラブルが起こっている
可能性があるので、すぐに病院に行きましょう。

 

参照:妊娠初期の出血は続く?色、かたまり!6週7週8週

参照:妊娠5ヶ月お腹大きくならない?圧迫、張る、チクチク、痛み

 

妊娠10ヶ月は食べ過ぎに注意!

 

妊娠10ヶ月になると、赤ちゃんが下がり、
圧迫されていた胃のあたりがスッキリします。


そのため、食欲がわいて、つい食べ過ぎてしまい、
体重が増えるお母さんも少なくありません。


 

お腹の赤ちゃんは妊娠36週になるころには、すい臓が十分に機能して、
血糖値を調整するホルモンであるインスリンも、自分で分泌できるようになります。


そのため、お母さんが食べ過ぎて高血糖になってしまうと、
お腹の赤ちゃんも高血糖になり、たくさんのインスリンを分泌してしまいます。


 

インスリンが過剰に分泌されると、その成長促進因子の働きで、
赤ちゃんが一気に太ってしまうことがあるのです。


赤ちゃんが太って大きくなり過ぎると同時に、お母さんの体重が増えて
産道が狭くなると、難産になりやすくなってしまいます。


 

難産で出産時間が長引くことで、赤ちゃんに酸素が届かなくなり、
血液が酸性に傾くことで敗血症の症状が出て、危険になることがあります。


赤ちゃんの命にも危険が及ぶので、
こうした事態にならないように、体重管理を徹底してください。


 

野菜中心の食事や適度な運動を心がけ、
無理なダイエットはしないようにしましょう。