妊娠10ヶ月は臨月で、お腹の赤ちゃんはいつ生まれても問題がない状態です。
そして、急に体重が増えてしまうお母さんが多い時期でもあります。

そこで今回は、妊娠10ヶ月の体重増加の原因や対処法について、
紹介したいと思います。

妊娠10ヶ月のお腹の赤ちゃん

妊娠10ヶ月は、妊娠36~39週にあたります。

妊娠36週の赤ちゃんは身長が45~47cm、
体重は2,000~2,900gに成長しています。

 


スポンサードリンク




臓器すべてが十分に成熟し、身体を覆っていた胎脂も剥がれ落ち、
ピンク色の肌がみえるようになります。

妊娠37週からは正産期で、赤ちゃんは身長が45~47cm、
体重は2,500~3,000gになります。

 

この時期になると、出産に備えて、赤ちゃんは背中をまるめ、
膝を曲げた姿勢になり、骨盤内に入ろうとします。

妊娠38週の赤ちゃんは、身長が47~49cm、体重は2,700~3,200gになり、
身体に脂肪を蓄えて、皮膚も厚くなってきます。

 

妊娠39週の赤ちゃんは、身長が48~50cm、
体重は2,800~3,400gになり、身体がさらにふっくらとします。

妊娠10ヶ月のお母さんの状態

では同じ時期、お母さんの身体はどのように変化していくのでしょうか。

妊娠36週になり、赤ちゃんの頭が下がると、それまで内臓が
圧迫されていたものが解消され、胃がつかえている感じがなくなります。

 

妊娠37週には、赤ちゃんの頭が骨盤に固定されるため、
お母さんのお腹の下の方がふくらんできます。

その分、赤ちゃんがお腹の中で動くスペースがないので、
胎動を感じることが少なくなります。

 

妊娠38週には、赤ちゃんがさらに下がるので、
お母さんは足の付け根や恥骨のあたりに痛みを感じるようになります。


スポンサードリンク




前駆陣痛を感じたり、おりものに出血が見られるお母さんもいます。

妊娠39週には、胎児が下がることで膀胱が圧迫され、
頻尿や尿漏れを起こすお母さんもいます。

 

お腹が大きくなり、疲れやすくなったり、眠りが浅くなったり、
お腹の張りを頻繁に感じるお母さんが多いです。

 

妊娠10ヶ月に体重増加しやすい原因

妊娠10ヶ月になって、体重が増えるお母さんが多い原因は3つです。

1つ目は、代謝が悪くなり、体内の水分をうまく排出できないことで、
むくみから多重が増えてしまうことです。
2つ目は、赤ちゃんの頭が下がり、胃のあたりがスッキリすることで、
おりものが増進し、食べ過ぎてしまうことです。
そして3つ目は、お腹が大きく、いままでのように歩いたり、
家事をすることが難しくなり、運動不足になることです。

こうした原因を知って、きちんと対処する必要があります。

妊娠10ヶ月で増えてよい体重の目安と対処法

妊婦さんの体重増加は、妊娠前のBMI値によって異なります。

まず、妊娠前の体重kg÷身長m÷身長mで、自分のBMI値を算出してください。

 

そして、BMIが18.5未満の痩せ型なら、
妊娠前の体重プラス10~12kgまで増えても大丈夫です。

BMIが18.5~25未満の標準型なら、
妊娠前の体重プラス7~10kgまでが許容範囲です。

 

BMIが25以上の太り気味なら、妊娠前の
体重プラス5~7kgまでに抑えるのがベストです。

妊娠10ヶ月は、お腹の赤ちゃんも身体に脂肪を
蓄えるので、注意が必要です。
参照:双子妊娠の確率!エコーいつわかる?初期症状

参照:妊娠後期お腹の張りと胎動!夜の息苦しさ、痛みは?

妊娠10ヶ月は週に一度妊婦健診を受けるので、その際に、
自分がどれくらい体重を増やして大丈夫なのかを確認し、
増えすぎないように生活を見直しましょう。

 

食事は野菜中心でカロリーが低めなものにし、体調に
問題がなければ散歩や家事をするなど、適度に運動を取り入れるのが基本です。

ここで、体重を増やさないために、食事を制限してしまうと、
お腹の赤ちゃんに十分に栄養がいかなくなってしまいます。

 

こまめに体重を計り、節制レベルで努力しましょう。