妊娠10ヶ月は、いわゆる臨月です。


いよいよ出産へのカウントダウンが始まります。


そんな妊娠10ヶ月の過ごし方について、お話したいと思います。
 

妊娠10ヶ月の母子の状態

 
妊娠10ヶ月とは、妊娠週数でいうと36~39週にあたります。


スポンサードリンク





妊娠36週の赤ちゃんは、身長が45~47cm、体重は2000~2900gになります。

ほとんどの赤ちゃんの頭が骨盤内におさまり、
胃のあたりがスッキリするお母さんが多いです。

 


妊娠37週の赤ちゃんは、身長が45~47cm、
体重は2500~3000gになります。


妊娠37週以降を「正産期」といい、もういつ出産しても大丈夫な状態です。

 

妊娠38週の赤ちゃんは、身長が47~49cm、体重は2700~3200gになります。


赤ちゃんの身体の発達はほとんど終わり、身体に脂肪を蓄え始めます。

妊娠39週の赤ちゃんは、身長が48~50cm、体重は2800~3400gになります。


 

身体に十分に脂肪を蓄えた赤ちゃんは、ふっくらとしています。

妊娠10ヶ月に入れば、いつ赤ちゃんが産まれてもいいので、
妊婦健診も週に1回のペースになります。
 

妊娠10ヶ月の過ごし方

 
妊娠10ヶ月に入ったら、もう、いつ出産を迎えてもおかしくありません。



お母さんは、それを念頭に置いたうえで、
残りのマタニティライフを過ごすことになります。


臨月に入った時点で、入院に必要なものをまとめておき、
赤ちゃんのお世話に必要なものの用意も済ませておきましょう。
 

陣痛が起こったときに連絡できるよう、
タクシー会社の番号も調べておいた方が無難です。


妊娠10ヶ月になると、子宮が下がるので、胃に感じていた
圧迫感がなくなり、食欲がアップするお母さんが多いです。

 
ですが、この時期に食べ過ぎると体重が増加し、
母子ともに太ってしまう可能性が高いです。


スポンサードリンク





赤ちゃんが大きくなり、産道にも脂肪がついてしまうと、
難産になる可能性が高くなります。


 

食べ過ぎを防ぐために、1回の食事量を減らして、その分回数を
多くしたり、海藻や野菜などローカロリーな食材を中心とした献立を考えて、
満腹感を感じられるように工夫してみてください。

 
また、前駆陣痛や胎動を感じて、夜ぐっすり眠れないお母さんが増えてきます。

眠れないときは横になっているだけで構いませんので、
日中に眠気を感じたら少しでもお昼寝をして、
お産のための体力を残しておきましょう。



 

妊娠10ヶ月でお出かけするときの注意点

 
妊娠10ヶ月でも、何かと出かける機会はあることでしょう。


とはいえ、臨月に入ったら、遠出をしたり、夜間に出歩くのは避けた方が無難です。

 

出先で何かあったときに、すぐに病院に行くことができる
距離かどうかを、まず考えてみてください。

また、外出先で陣痛が起こったり、破水してしまう可能性もあります。

 
お出かけをするときには、常に健康保険証と母子手帳を持ち歩くようにしてください。

里帰り出産を予定している場合、臨月だと飛行機に乗れない可能性もあります。

 

早めに移動して、出産に備えることをおすすめします。

参照:帝王切開2人目は何年あける?

参照:妊娠超初期症状と生理前の下腹部痛の違いは?

 

出産に備えて体力づくりも行っておこう

 
安産するためには、妊娠10ヶ月であっても、適度な運動は必要です。


近所をお散歩したり、家事をするのは問題ありません。

ただし、疲れるほどがんばりすぎるのはよくないので、
日中でも休息することを心がけてください。



 
そして出産に備えて、イメージトレーニングをしておくことが大事な時期でもあります。


自宅で呼吸法の練習をしたり、お腹に張りや痛みを感じたときに時間の
間隔をはかってメモする習慣をつけておくと、出産当日に役立ちます。

 
本陣痛を感じて慌てないように、連絡先などもまとめておき、
安心して出産に臨める環境をつくっておきましょう。