妊娠9ヶ月になると、お腹の張りや痛みを感じることが
増えますが、胎動は少なくなっていきます。

そして、お腹が下がったように感じるお母さんも少なくありません。


 

そこで今回は、妊娠9ヶ月で感じる身体の変化について、
まとめておきたいと思います。
 

妊娠9ヶ月でお腹が下がったように感じる理由

 
妊娠9ヶ月ともなると、お腹の赤ちゃんが急激に成長し、
子宮の中で動けるスペースが少なくなります。



スポンサードリンク




そして、赤ちゃんも出産に備えて頭が下向きになり、子宮も下がってきます。


そのため、お腹が下がったように感じるのです。


妊娠9ヶ月の後半になると、お腹が下がったように感じるお母さんが多くなります。
 

妊娠9ヶ月でお腹の張りや痛みを感じる原因

 
赤ちゃんがある程度まで大きくなると、お母さんの身体は出産準備を始めます。


妊娠9ヶ月でお腹の張りや痛みを感じるのは、前駆陣痛であることが多いです。



 
前駆陣痛とは、出産前に感じる不規則な子宮収縮のことです。


痛みが起こる間隔は不規則で、痛みにも強弱があります。


お腹の張りだけを感じるお母さんもいれば、痛みを伴うひともいます。
 

前駆陣痛の場合は、安静にしているとおさまることが多いので、
感じたらすぐに休むようにしましょう。
 

妊娠9ヶ月でお腹に感じる張りや痛み

 

妊娠9ヶ月でお腹がガチガチになったり、
まるでスイカのように硬くなると、驚くお母さんもいそうです。
 

ですが、前駆陣痛が原因のお腹の張りなので、それほど心配はいりません。

 
前駆陣痛の痛みには個人差があり、生理痛のような痛みを感じたり、
腰痛を伴ったり、下痢の時のようなゴロゴロした痛みを感じるひともいます。


1日に何度も前駆陣痛が起こるようになるので、
お腹に張りや痛みを感じたら、まず横になるようにしましょう。


自宅ではなく出先で前駆陣痛を感じた時には、まず座って、
お腹の張りや痛みを感じなくなるまで休みましょう。
 

すぐに病院に行った方がよいケースもある

 
妊娠9ヶ月で感じるお腹の張りや痛みの中には、
すぐに病院で処置した方がよい状態ものもあります。


まず、お腹の張りや痛みを感じてから、
1時間以上横になっていても、症状が緩和されないときです。


痛みの間隔が規則的になってきたり、だんだん痛みが強くなったり、
サラサラした出血を伴う場合には、切迫早産や早産の前兆かもしれません。


すぐに病院に連絡をして、指示を仰ぎましょう。


スポンサードリンク





また、突然お腹がガチガチに硬くなり、痛みが激しくなるときには、
常位胎盤早期剥離の可能性があります。

 
これは、出産前にも関わらず、子宮内で胎盤がはがれる病気です。

放置すると、お母さんとお腹の赤ちゃんの命に関わりますので、
すぐに病院に行く必要があります。

このように、お腹の張りや痛みが別な症状の前兆という
可能性もあるので、見極めが重要です。

 

参照:妊娠7ヶ月お腹の大きさ突っ張る?

 

参照:帝王切開後の寝方や運動!排便ガス!
 

お腹の張りや痛みを感じたときには

 
いま感じているお腹の張りや痛みが、危険なものでないか
どうかを判断するためにも、習慣にしてほしいことがあります。


それは、お腹の張りや痛みを感じたら、
時間の間隔がどれくらいかをチェックすることです。

 
その間隔が不規則で、痛みが強まることもなく、
安静にしていたらおさまるようなら、心配はいりません。


ですが、時間の経過とともに痛みが増している、
お腹の張りの間隔が規則的になってきた、出血がみられるときには、
病院に連絡する必要があります。

 
いつからお腹が張り始めたのか、痛みの強さはどの程度か、
お腹の張りの頻度と間隔、胎動があるかどうかをメモしておくと、
電話でお医者さまと話をしたときに、状況を把握しやすくなります。


お腹に張りや痛みがあり、胎動を1日以上感じていない場合は、
すぐに病院に行き、診察してもらうようにしましょう。