妊娠9ヶ月に入り正産期が近づくにつれて、
お腹の張りや痛みを感じるお母さんが増えてきます。


そこで今回は、妊娠9ヶ月の母子の状態や不規則に
起こる前駆陣痛について、お話したいと思います。
 

妊娠9ヶ月の母子の状態

 
妊娠9ヶ月とは、週数でいうと32週から35週にかけてにあたります。


スポンサードリンク




このころには、子宮の容量は妊娠前の約800倍、重さは20倍にもなっており、
お腹の赤ちゃんの身体に脂肪がつき始めることで、急激に体重が増えます。

 

妊娠32週には、子宮底長が28~36cmにもなり、お腹の赤ちゃんの
身長は42~45cmに、体重は1400~2200gほどになります。


大きくなった子宮が内臓を圧迫することにより、
動機や息切れ、吐き気などを感じるお母さんも多いです。

 


妊娠33週には、子宮底長やお腹の赤ちゃんの身長は
変わらないものの、体重は1600~2300gほどになります。


お腹の赤ちゃんは、一定時間ごとに寝たり起きたりをくり返すようになります。


 

また、お母さんは寝苦しさを感じ、熟睡できないことが増える時期です。


妊娠34週には、子宮底長が28~37cmに、お腹の赤ちゃんの
身長は43~46cmに、体重は1800~2500gほどになります。
 

このころから、お腹の張りを感じることが増え始めるお母さんが多いようです。


出産に向けて、お腹の赤ちゃんの頭が下がることで、胎動は減ってきます。

 
妊娠35週には、子宮底長が29~37cmにもなり、お腹の
赤ちゃんの身長は43~46cmに、体重は1950~2700gほどになります。


お腹の赤ちゃんの発育も最終段階に入り、
胃腸が機能し、肺呼吸ができるまで成長します。

 

前駆陣痛とは何か

 
妊娠9ヶ月も後半になると、不規則なお腹の張りや
痛みを感じるお母さんが増えてきます。
これを、「前駆陣痛」といいます。


スポンサードリンク





前駆陣痛の症状は様々で、お腹の張りや痛みのほか、
腰痛を感じるひともいます。


 

痛みの感じ方にも個人差があり、生理痛に似ていたり、
お腹をこわしたときのようなゴロゴロした痛みを感じるお母さんもいます。


前駆陣痛は、お腹の痛みや張りが不規則で、
安静にしているとそのままおさまることが多いです。

 
これは、本陣痛に向けて、お母さんの身体を徐々に慣らすために、
子宮収縮が起こることが原因なので、それほど心配はいりません。

 
ただし、破水やおしるしのような出血があったり、胎動を感じられないときには、
すぐに病院に連絡して、お医者さまの指示を仰ぎましょう。

 

前駆陣痛から本陣痛が始まることもある

 
妊娠9ヶ月になると、お腹が大きくなり、
バランスがとりにくくなることから、転倒しやすくなります。


また、重いものを持ち上げたり、立ちっぱなしで家事をしたり、
身体を冷やしてしまうとが、早産につながる可能性があります。

 

妊娠9ヶ月も後半になると、1日に何度も前駆陣痛を感じるようになります。


前駆陣痛は痛みの間隔や強弱が不規則なので、
通常は安静にしていればおさまります。

 
ですが、30分以上安静にしてもお腹の張りや痛みがおさまらなかったり、
間隔が規則正しくなってきた場合、早産の可能性があります。

 
前駆陣痛から本陣痛に進むお母さんもいるので、
すぐに出血がないかどうかを確認し、病院を受診するようにしましょう。

参照:双子妊娠の確率!エコーいつわかる?

参照:妊娠4ヶ月のお腹ふくらみ出る出ない?

 

妊娠9ヶ月での早産を防ぐために

 
妊娠9ヶ月で前駆陣痛を感じ始めるのは、
身体が出産に備えるためなので仕方がありません。


ですが、前駆陣痛から本陣痛に進んでしまい早産になると、
赤ちゃんがいろいろなリスクを抱えることになります。

 


お腹の張りや痛みを感じたときには、その強さや間隔をチェックする
習慣をつけ、無理に動きすぎないように心がけましょう。


また、妊婦健診も欠かしてはいけません。