妊娠9ヶ月は妊娠32~35週にあたり、
お腹の赤ちゃんが急激に成長する時期です。


その分、体重管理にも注意が必要になります。


 

そこで妊娠9ヶ月での理想の体重の増え方と、
太らないための方法について、まとめておきたいと思います。
 

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの成長

 
お母さんの体重の話をする前に、妊娠9ヶ月のお腹の
赤ちゃんの成長について、お話しておきましょう。


スポンサードリンク





妊娠32週の赤ちゃんは、身長が42~45cmで、
体重は1400~2200gほどです。


 

それが妊娠33週になると、身長は変わらず、
体重が1600~2300gと増えます。


これは、骨格ができ上り、身体に脂肪がつき始めるからです。

 
妊娠34週になると、赤ちゃんの身長は43~46cm、
体重は1800~2500gになり、妊娠35週ともなれば、
身長こそ変わりませんが、体重は1950~2700gにもなります。


つまり、赤ちゃんの成長分だけでも、
それなりに体重が増えてしまうということです。
 

妊娠9ヶ月での理想の体重増加

 
妊娠9ヶ月から出産日までに、
お腹の赤ちゃんの体重は500~800gほど増えます。


それを考えると、お母さんの体重は週に400gに抑えるのが理想的です。

 
ただし、もともとのお母さんのBMI値によって、
妊娠前からトータルに増えてよい体重は異なります。


BMI値が18未満のお母さんは出産までに10~12kg、
BMI値が18~24までのお母さんは7~10kg、
BMI値が25以上のお母さんは5~7kgに抑えるのが理想です。

 
妊娠9ヶ月現在の体重と、BMI値で理想とされる体重増加分を考慮して、
増えすぎないようにウエイトコントロールしましょう。
 

妊娠9ヶ月で体重が増えるリスクを理解しよう

 
妊娠9ヶ月になると、妊婦健診でも、体重の増え方は細かくチェックされます。


スポンサードリンク



それは、妊娠高血圧症候群にかかるリスクが上がってしまうからです。


お母さんが妊娠高血圧症候群になってしまうと血流が悪くなり、
お腹の赤ちゃんの酸素や栄養が不足し、胎児発育不全が起こったり、
低出生体重児になったり、最悪の場合は子宮内で赤ちゃんが中絶もあります。

 


また、妊娠高血圧症候群が重症化すると、お母さん自身も子癇と
呼ばれる麻痺を起こしたり、常位胎盤早期剥離が起こるリスクを抱えます。


そうした事態を避けるためにも、食事や運動に配慮して、
体重を増やさないように気を付けましょう。


 
参照:妊娠初期の出血は続く?

参照:妊娠6ヶ月の体重増加の平均と目安!
 

妊娠9ヶ月で体重を増やさない方法

 
妊娠9ヶ月で体重を増やさないためには、食事の見直しと適度な運動が不可欠です。

妊娠後期のお母さんは、通常の女性のカロリーに500kcalを
加えたものを摂取するのが一般的です


 

ですが、妊娠9ヶ月に入ると胎児が少し下がることで胃のあたりがスッキリし、
食欲がアップするお母さんが多いので、カロリーオーバーになりがちです。


同じカロリーを摂取するなら、手軽につまめるお菓子より、赤ちゃんの成長に
役立つたんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な食事をきちんと食べるように心がけましょう。


 
また、安産するためには筋力アップが重要ですから、ウエイトコントロールを
兼ねて、こまめな運動を心がけるのもよいでしょう。


これまで運動らしいことをしてこなかったのに、急にマタニティスイミングなどを
始めると、早産を誘発する可能性もあるので、散歩の時間を増やしたり、
家事を丁寧に行うことを心がけてみてください。


 

玄関の内外をほうきで掃く、窓ガラスを丁寧に拭く、掃除機をきちんとかける、
洗濯物を外干しするなど、一つひとつをきちんと行うと、かなりの運動量になります。


階段の上り下りをして、下半身の筋肉を動かすと、むくみの解消にもつながります。


 

お腹が張ったり痛んだら、すぐに休憩して安静にしながら、
できる範囲で運動量を増やし、体重増加を抑えましょう。