計画妊娠を予定していたり、不妊治療を行っているときには、
生理予定日を待たずにフライング検査をしてしまうこともあるでしょう。


そこで今回は、妊娠検査薬のしくみやフライング検査とは何か、
どのくらいから判定が可能なのかについて、お話したいと思います
 

妊娠のフライング検査とは

 
市販の妊娠検査薬の説明書には、
「生理開始予定日を1週間過ぎてから使用してください」
という、但し書きがあるはずです。


スポンサードリンク





この但し書きより早い時期に、妊娠検査薬を使って
判定することを、フライング検査といいます。
 

妊娠検査薬のしくみと種類

 
女性は受精卵が子宮内膜に着床し、胎盤ができ始めると、
そこからhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されるようになります。


市販の妊娠検査薬は、この妊娠を維持するために不可欠なホルモンの
尿中濃度を感知することで、陽性と陰性を判定します。

 

市販されている妊娠検査薬には、通常のものと
早期妊娠検査薬と呼ばれるものに大別されます。


通常の妊娠検査薬は、尿中のhCGホルモンの濃度が
50mIU/mLになると、陽性反応を示します。

 


一方の早期妊娠検査薬は、20mIU/mLでも陽性反応が出ます。
 

妊娠後のhCG量の変化

 
hCGは、受精卵が着床して妊娠が成立すると、
体内で急激に生産されるようになります。


そして、妊娠週数が進むにつれて、分泌量が増加していきます。


妊娠2週の場合は20~50mIU/mLだったhCGホルモンの尿中濃度が、
妊娠4週には50~200mIU/mL、妊娠5週には200~1000mIU/mL、
妊娠6週には1000~6400mIU/mLにもなるのです。



 
ただし、hCGホルモンの分泌量には個人差があるので、
妊娠週数が同じでも、妊娠判定できるひとと、できないひとがいます。
 

生理開始予定日の1週間前でも検査できるのか

 
妊娠3週目からhCGホルモンが分泌を始めると知って、
生理開始日前でもフライング検査ができるのでは?
と思う女性もいるかもしれません。


スポンサードリンク





確かに、生理予定日1週間前は妊娠3週にあたりますし、
着床していれば尿中のhCGホルモンの濃度は20~50mIU/mLに
達していることが多いので、陽性反応が出そうな気はします。

 


実際にフライング検査をした女性の掲示板などをのぞいてみても、
生理開始予定日の1週間前に試して、陽性反応が出たひともいます。


ですが、前述したように、hCGホルモンの分泌量は個人差がありますし、
何かの要因で排卵日がずれれば、生理開始予定日も変わります。


 

女性の身体はデリケートにできているので、市販の妊娠検査薬を
用いる場合は、正しい用法でなければ、判定もきちんとできないのです。


生理開始予定日の1週間前だと、早期妊娠検査薬でも陽性か陰性かの
判定は正しくできない可能性があることを、覚えておいてください。


 
参照:妊娠初期の出血は続く?

参照:妊娠4ヶ月はエコーで性別が男の子か女の子か分かる?

 

フライング検査には覚悟も必要

 
妊娠のフライング検査をすることで、感じられるのは喜びだけではないことも、
きちんと知っておく必要があります。


妊娠検査薬とは、あくまでも尿中のhCGホルモンの濃度を感知して、
陽性か陰性かを判定します。

 


そのため、妊娠反応が陽性だったとしても、別な原因があれば
妊娠はしていませんし、正常妊娠でなくても反応が出ることもあります。


具体的には、高度の糖尿や蛋白尿、血尿に反応した場合、
卵巣がんや絨毛がん、肺がんといった悪性腫瘍の兆候だった場合、
不妊治療で排卵誘発剤を使用していた場合、若年性更年期の場合、
子宮外妊娠の場合にも、妊娠検査では陽性反応が出ます。


 

また、着床したことでhCG濃度が増加したにも関わらず、
その後胎盤を形成できずに流れてしまう「化学流産」が起こることもあります。


化学流産の原因は、ほぼ受精卵の染色体異常なので、
妊娠していることを知らなければ、通常の生理として気づかずに済むのです。